おしごとボード by GMO|【ぶち好きっちゃ!】地元民に聞いてみた「山口あるある」って?

実は山口に住んでいたことがある人にしかわからない「山口あるある」って、結構あるって知ってました?

今回は山口県在住の男女1000人に聞いた「山口県といえば○○!」「山口県の自慢ポイント」などなど、ガッツリ紹介しちゃいます!

山口県はガードレールの色が違う!?

今回のアンケートで一番多かった回答はこちら、ガードレールの色についてでした!

「ガードレール=白でしょ?」
全国的には常識としてこう広まっていますが、実は山口県のガードレールは「黄色」なんです。

山口県の特産品は夏みかん。1963年に山口県国体が開催されたことをきっかけに、白いガードレールを塗ったことが始まりです。それ以降は黄色のガードレールに統一されることになったとか…
逆に県外に出て、ガードレールが白いことにびっくりする人も多いのではないでしょうか?

それも関係してか、山口県内の道路は異様なほどに綺麗に整備されています。ドライバーの人にとってはすごく嬉しい一面ですよね!

他県には通じないユニークな山口弁

"方言を方言と思ってない (29歳 女性)"
"山口の人は、自分たちは「標準語」をしゃべっていると思っている人が多い(笑) (69歳 男性)"


すごい言われようですが…
こちらも回答で多く見られた、山口弁についてです。なんとも、山口県内の人は方言という認識がなく、いざ標準語との差と直面してしまった時に恥をかいてしまうのだとか。

"他の県で「えらい(疲れる)」という方言が使えない (27歳 男性)"

「ぶちえらい=すごく疲れた!」なんて使う様ですが、他県の人から見れば「褒められてるのか…?」と勘違いしてしまうような方言ですよね。

瓦そばは代表的な家庭料理!

"家で瓦そばをホットプレートで作って食べる! (33歳 女性)"
"誕生日会はだいたい、ホットプレートで瓦そばパーティー (35歳 女性)"


瓦そばとは、熱した瓦の上に茶そば、錦糸卵等の具材をのせて温かいめんつゆで食べる料理です。知らない人も多いのではないでしょうか?
そんな瓦そばは山口県では立派な家庭料理。ホットプレートを瓦代わりにして日常的に食べられているんです。県外の人から見たらちょっと面白い光景かもしれません。

「山口=フグ」のイメージは実は間違い!?

山口県といえば?という質問でまず思い浮かぶのがフグでしょう。山口では「福」とかけ「ふく」と呼ぶため縁起が良く、一度は食べてみたいものです。
…ですが、そんなイメージと県民とは大分温度差があるようです。

"下関市は、フグがとても有名だが、高いので地元でさえほとんど食べない (57歳 男性)"

そりゃ、松坂牛や米沢牛も地元民だから食べられる!って訳でもないですしね…(笑)
ちなみに、山口県のフグ漁獲量は全国4位らしいです。(1位は石川県 平成27年調べ)

掘れば掘るほど面白いんです。山口県。

これまで「山口あるある」を紹介させていただきましたが、実はこれはほんの一部。
あの有名なユニクロだってあるし、なんてったって日本の総理大臣を数多く輩出しているエリートな県でもある…

決して一言では言い表せないくらいディープな山口県。アンケートを機に、山口県の良さを改めて考えることができた人も多いようです。

あなたが思う山口ご当地あるある、まだまだご意見お待ちしております!




すべての人にインターネット
関連サービス